公式ライセンス商品「キャラクターデザインシリーズ」好評発売中!!

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団を応援するために、世界に誇る日本の人気キャラクターたちが集結!人気キャラクターたちとJOC およびJPC のエンブレムとがコラボレーションした公式ライセンス商品となりました。 鉄腕アトム/ 美少女戦士セーラームーン/ クレヨンしんちゃん/ONE PIECE/NARUTO-ナルト-疾風伝/妖怪ウォッチ/ ドラゴンボール超/HUGっと!プリキュア

JOC公式ライセンス商品 購入はコチラJPC公式ライセンス商品 購入はコチラ

CHARACTER PROFILE

普通の女の子だった月野うさぎが黒猫のルナと出会い、セーラー服美少女戦士「セーラームーン」へと変身。地球を守るために敵と戦います。原作単行本は17ヵ国語に翻訳され、アニメーションシリーズは40ヵ国以上の国で放送されています。 ©武内直子・PNP・東映アニメーションONE PIECE モンキー・D・ルフィと仲間たちが「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しもとめて旅をする、海洋冒険エンターテイメント。特殊能力などを持った個性あふれるキャラクターたちの掛け合いや、巧みな心理描写と意外性のあるストーリー展開で、性別を問わず、多くの世代に支持されている。2015年「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」として、ギネス世界記録に認定。 ©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーションNARUTO-ナルト- 忍の里・木ノ葉隠れの里で、いつか里一番の忍者になる夢をもつうずまきナルトを中心に、少年忍者たちの成長を描く。金髪碧眼、オレンジ色のジャージ姿のナルトが生き生きと描かれており、従来の忍者作品とは一線を画している。日本にも増して世界中で人気が高い作品。  ©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろドラゴンボール超 主人公「孫悟空(そんごくう)」を中心に次々と現れる強敵たちとのバトル、どんな願いでも叶うという7つのドラゴンボールをめぐって巻き起こる大冒険作品。多くの子供たちを熱狂させ、漫画やアニメにとどまらず、玩具やゲームなどにも影響をあたえ、海外でも多くのファンを獲得している。 ©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

鉄腕アトム 人の心を持つ少年型ロボットアトムが、未来世界で起こる様々な事件を、超高性能の技術で解決していく。ロボットである自分に苦悩や葛藤するアトムの姿に、子供のみならず大人も夢中になった。日本最初の国産アニメ作品である。  ©Tezuka Productionsクレヨンしんちゃん 超マイペースな“嵐を呼ぶ5歳児”野原しんのすけと、その家族を中心に巻き起こるドタバタコメディー。独特のギャグや個性的なキャラクターたち、家族愛や友情を描いたストーリーが支持され、その人気は世界中に広がっている。2020年には原作コミックの連載30周年、2021年にはテレビアニメ放送30周年を迎える。 ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK妖怪ウォッチ ごくごく普通の小学生ケータが、妖怪を見ることができる不思議な時計「妖怪ウォッチ」を使って、日常の困ったことを引き起こす妖怪を説得、時には戦って問題を解決し、友達になっていく。ゲーム、アニメ、まんが、玩具など、卓越したクロスメディア戦略を行う大人気作品。 ©LEVEL-5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京HUGっと!プリキュア 中学1年生の夏海まなつは、地上へ1人でやってきた人魚のローラをピンチから救うため、伝説の戦士「プリキュア」に変身。人間のやる気パワーをあとまわしの魔女に奪われないよう、ムテキのやる気で世界を救う。「Pretty」と「Cure」を組み合わせた造語「プリキュア」シリーズは、2004年の放送開始以来、多くの女の子の支持を受け、今作品で18シリーズを誇る大ヒット作品。 ©ABC-A・東映アニメーション

Characters ©Tezuka Productions ©武内直子・PNP・東映アニメーション ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK ©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ ©LEVEL-5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京 ©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©ABC-A・東映アニメーション © Japanese Olympic Committee © Tokyo 2020 Organising Committee © Japanese Paralympic Committee

公式ライセンス商品「キャラクターデザインシリーズ」好評発売中!!

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団を応援するために、世界に誇る日本の人気キャラクターたちが集結!人気キャラクターたちとJOC およびJPC のエンブレムとがコラボレーションした公式ライセンス商品となりました。

鉄腕アトム/ 美少女戦士セーラームーン/ クレヨンしんちゃん/ONE PIECE/NARUTO-ナルト-疾風伝/妖怪ウォッチ/ ドラゴンボール超/トロピカル〜ジュ!プリキュア

JOC公式ライセンス商品 購入はコチラ
JPC公式ライセンス商品 購入はコチラ

CHARACTER PROFILE

美少女戦士セーラームーン
ONE PIECE
NARUTO-ナルト- 疾風伝
ドラゴンボール超
鉄腕アトム
クレヨンしんちゃん
妖怪ウォッチ
HUGっと!プリキュア
Characters
©Tezuka Productions ©武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
©LEVEL-5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京
©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©ABC-A・東映アニメーション
© Japanese Olympic Committee
© Tokyo 2020 Organising Committee
© Japanese Paralympic Committee
鉄腕アトム

人の心を持つ少年型ロボットアトムが、未来世界で起こる様々な事件を、超高性能の技術で解決していく。ロボットである自分に苦悩や葛藤するアトムの姿に、子供のみならず大人も夢中になった。日本最初の国産アニメ作品である。

©Tezuka Productions

BACK

美少女戦士セーラームーン

普通の女の子だった月野うさぎが黒猫のルナと出会い、セーラー服美少女戦士「セーラームーン」へと変身。地球を守るために敵と戦います。原作単行本は17ヵ国語に翻訳され、アニメーションシリーズは40ヵ国以上の国で放送されています。

©武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

BACK

クレヨンしんちゃん

超マイペースな“嵐を呼ぶ5歳児”野原しんのすけと、その家族を中心に巻き起こるドタバタコメディー。独特のギャグや個性的なキャラクターたち、家族愛や友情を描いたストーリーが支持され、その人気は世界中に広がっている。2020年には原作コミックの連載30周年、2021年にはテレビアニメ放送30周年を迎える。

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

BACK

ONE PIECE

モ ンキー・D・ルフィと仲間たちが「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しもとめて旅をする、海洋冒険エンターテイメント。特殊能力などを持った個性あ ふれるキャラクターたちの掛け合いや、巧みな心理描写と意外性のあるストーリー展開で、性別を問わず、多くの世代に支持されている。2015年「最も多く 発行された単一作家によるコミックシリーズ」として、ギネス世界記録に認定。

©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

BACK

NARUTO-ナルト- 疾風伝

忍の里・木ノ葉隠れの里で、いつか里一番の忍者になる夢をもつうずまきナルトを中心に、少年忍者たちの成長を描く。金髪碧眼、オレンジ色のジャージ姿のナルトが生き生きと描かれており、従来の忍者作品とは一線を画している。日本にも増して世界中で人気が高い作品。

©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

BACK

妖怪ウォッチ

ごくごく普通の小学生ケータが、妖怪を見ることができる不思議な時計「妖怪ウォッチ」を使って、日常の困ったことを引き起こす妖怪を説得、時には戦って問題を解決し、友達になっていく。ゲーム、アニメ、まんが、玩具など、卓越したクロスメディア戦略を行う大人気作品。

©LEVEL-5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京

BACK

ドラゴンボール超

主人公「孫悟空(そんごくう)」を中心に次々と現れる強敵たちとのバトル、どんな願いでも叶うという7つのドラゴンボールをめぐって巻き起こる大冒険作品。多くの子供たちを熱狂させ、漫画やアニメにとどまらず、玩具やゲームなどにも影響をあたえ、海外でも多くのファンを獲得している。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

BACK

トロピカル〜ジュ!プリキュア

中学1年生の夏海まなつは、地上へ1人でやってきた人魚のローラをピンチから救うため、伝説の戦士「プリキュア」に変身。人間のやる気パワーをあとまわしの魔女に奪われないよう、ムテキのやる気で世界を救う。「Pretty」と「Cure」を組み合わせた造語「プリキュア」シリーズは、2004年の放送開始以来、多くの女の子の支持を受け、今作品で18シリーズを誇る大ヒット作品。

©ABC-A・東映アニメーション

BACK